「素読教室」が開催されます

9月21日(日)広島まほろば学習会の「素読教室」が開催されます。
実は筆者も毎回(少しのこともありますが)聴講しています。そのたびに、子供の無限の吸収力に改めて気づかされます。驚き!なんです。古事記等の大人でも難しい文章を小中学生の子供さんが暗記して発表したり、皆で声に出されて読み進みます。先人が口伝えてきた「美しい国語」に出会えますよ。一度親子で参加されてみてはいかがでしょうか。大人も勉強になりますし発見があります。
参加人数に限りがあるようです。お申し込みは下記までお早めに。

世話人代表の松田さんからお誘いの言葉が届いています。

「素読で古典の言葉を読む…こういった昔の寺子屋型の教育方法が見直され、脳科学の分野からも推奨されるようになっています。
 声に出すことで言葉の習得は早くなり、しっかりインプットできます。しかも古典の言葉を使えばより深みのある言葉を蓄積していくことができます。
 わが国では戦後、平易な現代文を初等教育で用いるようになりましたが、戦前は初等教育から古典でしたし、また現在でも海外では古典を初等教育で学ぶことが常識です。
 今回の素読教室の会場は記紀ともつながりの深い多家神社。神楽殿を教室にしますので前面オープンのセミ青空教室です。

参加申込等、詳しい内容はこちらまでお問い合わせください。
広島まほろば学習会

14.08.28 多家神社からのお知らせ

神楽団が決まりました

秋季例祭の奉納神楽(10月18日、土、午後8時)の出演神楽団が決まりました。
亀山社中(かめやましゃちゅう)さんです。石見神楽の本場、島根県浜田市からおいでいただきます。みなさんお楽しみに。
亀山社中ホームページ


14.08.27 祭事に関するお知らせ

夏越祭を無事終えました。

7月30日の夏越祭の風景を紹介します。
まず、茅の輪作りです。前日29日に作業しました。12名(宮司を含む)で作業しました。
早朝に刈り取った茅です。違う草も混じっていますから一本一本選別します。
その後、輪を作っていきます。右端が完成した輪です。


夕方6時半から町を代表する方々の参列のもと神事が行われました。下の写真中、左側と中央は「輪くぐり神事」です。右端は当日の境内の賑わいです。はるか上空が明るいのは、マツダスタジアムの照明です。


14.08.02 祭事に関するお知らせ

ページの上部へ